仲介手数料 不動産売却

仲介手数料の費用

不動産会社に依頼して家を売却した時は必ず仲介手数料がかかってきます。売却する価格にもよりますが大きなお金が動きますのでしっかりと仲介手数料の仕組みを把握しときましょう。

 

 

仲介手数料の計算式

不動産売却における仲介手数料の金額については、 宅地建物取引業法で以下のように上限が定められています。

金額 仲介手数料
200万円以下 代金額x5%
200万円超~400万円以下 代金額x4%+2万円
400万円超~ 大金額x6万円
※売買価格には消費税を含みません。

売却の価格が400万円を超える場合は、 次のような計算式で求められます。

仲介手数料+(売買価格x3%+6万円)+消費税

 

この金額は法律で決まっているので これより高い手数料を請求される心配はありません。 最近ですと 仲介手数料が無料な業者が出てきたり、 早期売買すると手数料負けてくれる会社も出てきてます。 仲介手数料早見表

 

仲介手数料とは…

不動産仲介手数料とは、不動産の売買を仲介してくれた不動産業者に対して支払うお金のことをいいます。いろいろと特徴がありますのでここでは仲介手数料の4つの特徴を紹介します。

 

仲介手数料み4つの特徴

 

①成功報酬型
成功報酬型の手数料ですので万が一売却に至らなかった場合は仲介手数料を支払う必要はありません。

 

②仲介手数料は法律で上限値が定められている
仲介手数料は、法律で上限が決められています。このようなことから基本的ぼったくられる心配はありません。中には丸い会社も入る可能性がありますので仲介手数料は最低限自分でも確認してきましょう。

 

③仲介手数料は2回に分けて支払うのが一般的
仲介手数料は成功報酬型ですので売買契約は成立後に支払うことになります。一般的に売買契約終了時に半分、建物の引き渡し時に残りの半分を渡す事になります。ただし各会社によって細かい取り決めは変わってきますので不動産会社にしっかり確認しましょう。

 

④仲介手数料以外の費用が発生する場合もある
仲介手数料の中には不動産会社の人件費、通常の広告費、契約手続き、サポート相談費が含まれていますので基本的にこれらの項目に対して気を支払う事はありません。ただし売主が特段の事情により広告をお願いするような場合は、後日別途費用を請求されることもあります。

 

仲介手数料の安さを基準に不動産会社を選ぶのは危険

仲介手数料は100万前後と結構お金がかかります。このようなことから仲介手数料を割り引いている会社に依頼したくなる気持ちもわかるのですが、「仲介手数料が安いから」という理由のみで、不動産会社を選ぶことはお勧めしません。
なぜなら仲介手数料を割り引くと言う事はそれだけ集客力に自信がない表れでもあります。また不動産会社の利益は仲介手数料のみですのでこの手数料を割り引いたしわ寄せに広告費を削減されることも考えられます。安易に仲介手数料の割引につられて契約しないよう注意してください。

 

仲介手数料のまとめ

仲介手数料に、ついて細かく紹介してきました。仲介手数料は売却する物件にもよりますがかなり高額の手数料が取られます。売却後手元に残る金額も変わってきますので事前にいくらぐらい仲介手数料がかかるのか把握しておくことが重要です。しっかりと売却価格から仲介手数料を引いた価格+その他の費用を頭に入れて売却後のプランを計画してください。