不動産売却 業者買取

業者買取のメリット・デメリット

不動産売却は通常は、不動産会社と媒介契約を締結し購入者を探す【仲介】での売却が一般的です。ところが不動産売却には【業者買取】と言う売却方法もあります。名前からも分かる通り不動産会社があなたの物件を直接買い取ってもらう売却方法です。仲介と比較して特徴が異なりメリットデメリットもあります。ここでは不動産売却における業者買取のメリットデメリットを紹介します。

 

 

業者買取のメリット

業者買取のメリットと言えば物件の購入者が不動産会社ですので即売却することが可能な点です。広告やチラシ、ポスティングなどの集客をする必要もないし、内覧なども不必要なのは手間や時間、労力が掛からないのですごく便利です。

 

また業者買取は広告を打たないので近隣住民にバレずに売却できるのも大きなメリットです。

 

また業者買取の場合、瑕疵担保責任を負わないで済みます。仲介の売却でしたら売却後も売主としての責任として、シロアリや雨漏りだと隠れた瑕疵が見つかったら補修する必要があります。これは購入者保護の観点から取引の安全性を考慮してできた法律です。

 

しかし業者買取は不動産のプロでありますから、保護する対象に含まれません。つまり不動産会社に物件を売却した場合、瑕疵担保責任を負わないわけです。
不動産業者に売却した場合、シロアリや雨漏りなど見抜けなかった不動産会社に落ち度があるとみなすからです。

 

一方買取では唯一と言ってもいいほど大きなデメリットがあります。それは相場価格の6割から8割程度でしか売却出来ないという事です。つまり売却相場が2000万円の物件では1200万〜1600万円ぐらいになってしまいます。

 

 

仲介と買取どちらを選ぶべき?

仲介の場合不動産会社に買主を探してもらい売却を行います。業者買取の場合不動産会社があなたの不動産を買い取ります。つまり不動産会社が直接買主になります。仲介と買取どちらを選ぶべきか条件によって異なります。

 

 

買取に向いている条件

  • すぐに現金が必要な方
  • 内緒で売却したい方
  • 売却していることを知られたくない方
  • 訳あり物件で買い手探しが困難な方

 

仲介に向いている条件

  • 少しでも高く売りたい方
  • 急いで売却する必要がない方
  • 築浅物件を売却する方
  • 立地の良い人気エリアの不動産を売却する方

 

 

「買取」と「仲介」のちがい早見表

「仲介」「買取」のちがいをまとめました。

 

仲介と買取の違いメリットデメリット

 

「買取」と「仲介」の売却の流れの違い

 

 

 

まとめ

買取と仲介について詳しく紹介してきました。結論から言えば急いで売却しなくてはいけない方は、買取がお勧めです。その他の方は仲介での売却がお勧めです。また不動産売却について1番大事なのは不動産会社選びです。手間や時間をかけてでも不動産会社選びだけは妥協しないで信頼できる不動産会社を選んで下さい。

 

さいたま市で家を売る トップページ