家を売る 必要書類

家を売る時に必要な書類

家を売るとなると必要となる書類がたくさんあります。中にはとても重要な書類があり事前に準備しておかなければ後々大きなトラブルになることもあります。売却活動を始めると同時にこれからお伝えする必要書類を準備しておきましょう。こちらのページでは家を売るときに必要となる書類を3つのステージに分けてお伝えします。

 

 

家を売るときに書類が必要となる3つのステージ

 

家を売るときに必要となる書類は大きく分けると以下の3つのステージです。

 

  1. 不動産会社に査定を依頼する時
  2. 不動産会社と媒介契約を結ぶ時
  3. 買主と売買契約を結ぶ時

 

家を売却するときに必要となる書類は実のところそれほど多くはなくあれば良いと言う書類が多数を占めます。家の売却で適正価格を知るためにも家の情報が詳細に載っている書類はなるべく多く揃えた方が良いです。書類の種類は多種多様で主に以下の分類で分けることができます。

 

  • 権利関係
  • 物件の詳細事項が記載された書類
  • 税金関係

 

法務局や市役所など取り寄せが必要となる書類も多数あるため1日で揃える事はまず無理です。早い段階から揃えられる書類は準備しておきましょう。

 

①不動産会社に査定を依頼する時

 

査定の種類は簡易査定(机上査定)と訪問査定の2つあります。どちらも査定を依頼するときは必ず必要となる書類は特にありません。簡易査定に関しては、住所、間取り、広さ、築年数等がわかっていれば査定額を出してもらえます。一方訪問査定の場合は査定のプロの方があなたの物件まで直接目で確認しに行きますので、より適正価格に近い数値を出すことが期待されます。この際、登記謄本、構図その他査定に影響する物件情報が記載された書類があると良いでしょう。

 

 

簡易査定

  • 特に必要書類なし

 

訪問査定

  • この段階では必ず必要なわけと言うわけではないがあると良い書類【任意】
  • 登記謄本
  • 構図
  • その他査定に影響する物件情報が記載された書類

家,売る,必要書類,不動産売却

 

②不動産会社と媒介契約を結ぶ時

 

不動産会社と媒介契約を結ぶときは登記簿謄本、登記済権利証が必要となります。登記済権利証は実際のところは売買契約で使うのですがとても重要な書類のためこの段階で持っているか確認してくる会社が多いです。登記済権利証を失くしてしまった時は司法書士に依頼して「本人確認情報」を作成してもらう事になります。ただし、費用が数万円程度がかかります。

 

 

必要となる書類

  • 登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 登記済権利証(登記識別情報)
  • 本人確認書(免許証又はパスポート等)

 

 

あったら良いとされる書類

  • 認印(実印以外でも可)
  • 固定資産税納税通知書
  • ローン残高の分かる書類
  • 間取り図面
  • 管理費・修繕積立金の金額が分かる書類(マンション)
  • 管理規約・使用細則(マンション)
  • 重要事項説明書
  • 設備の仕様書
  • 耐震診断報告書
  • 管理規約(マンション)

上記に上げた書類はあくまでも目安です。不動産会社と多少異なる場合がありますので必ず、契約を結ぶ予定の不動産会社から詳しい必要書類を教えてもらってください。

 

媒介契約

 

③売買契約時に必要となる書類

売買契約で必要となる書類は登記済権利証、実印、住民票、銀行口座の通帳、本人確認書類等です。本人確認書は免許証又はパスポートで大丈夫です。注意する点は住民票や印鑑証明は有効期限があるので期限内か確認しましょう。またローン残高証明書は住宅ローンの支払いが残っている場合に限り必要となります。

 

 

必要書類

  • 本人確認書
  • 銀行口座の通帳
  • ローン残高証明書
  • 住民票
  • 実印と印鑑証明書
  • 登記済権利書(登記識別情報)

 

 

なるべく用意したが良い書類

  • 建物状況調査(インスペクション)の結果報告書
  • 瑕疵保険の保険付保証明書
  • 耐震診断結果報告書
  • 既存住宅に係る建設住宅性能評価書
  • 建築士法第20条第2項に規定する証明書(構造計算書)
  • 増改築等工事証明書
  • 住宅耐震改修証明書
  • マンションの管理規約
  • 耐震基準適合証明書
  • 固定資産税減額証明書
  • 耐震診断報告書
  • 設備の説明書
  • 物件のパンフレット

なるべく用意した方が良い書類はたくさんありますが全て揃える必要はありません。揃えられる範囲で集めましょう。また細かい必要書類については不動産会社が用意してくれます。

 

売買契約書

 

家を売るときに用意する書類のまとめ

家を売るときに用意する書類のまとめ

いかがでしたか?家を売るときに用意すべき書類をお伝えしました。家の売却はいかに必要な書類が多いのかびっくりされた方も多いかと思います。私本当に必要な書類は権利証など限られたものだけです。あったら良いとされる書類がたくさんあるので、なるべく早い段階から書類集めを始めましょう。

 

1番重要な書類が権利書(登記事項証明書)です。売買契約の時必要となるのですが万が一当日に見当たらないとなると会社、買主の仲介会社、売主の仲介会社、司法書士の先生すべてに迷惑がかかってしまいます。権利書はなくさないよう大切に保管しといて下さい。