大手企業と中小企業どっちがいいの?

大手企業と中小企業、不動産を選ぶなら?

所有不動産を売却するためには、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、不動産会社といえど色々な種類の不動産会社が存在します。

 

なかでもみなさんが選ぶときに頭を悩ませていることが、大手企業か中小企業かということではないでしょうか。有名不動産会社に依頼をするべきか、それとも地元に古くからある不動産会社に依頼をするべきか、考えてしまいますよね。

 

しかし、意外と不動産会社の大小は選ぶべきポイントには該当しないのです。そこで今回は、不動産会社を選ぶ際に重視したいポイントについてご紹介しましょう。

 

 

大手企業と中小企業、それぞれのメリットとは?

 

①大手企業タイプの不動産会社を選ぶメリット

大手企業による不動産会社の最大のメリットと言えばやはり、知名度ですよね。
全国的なテレビCMや新聞広告、チラシにホームページなど、とにかく宣伝分野に優れていることから、一度は耳にしたことのあるような不動産会社というイメージが非常に強いです。

 

しかし、それ以外にも大手企業による不動産会社を選ぶメリットがあります。
それは、ネットワークの広さとサービス・サポート体制です。

 

全国展開している不動産会社なら、顧客情報も膨大なものでしょう。そのため、移住を希望の顧客情報があれば店舗間同士のネットワークを介して、顧客情報をやりとりすることができるのです。

 

また、大手企業による不動産会社は、基本的に資金面でもほかの不動産会社より勝っているため、広告宣伝費に力を入れることができます。そのため、あなたの売却希望不動産を広く宣伝活動してくれることも予想できますね。これらのことから、あなたにとっては買い手がみつかりやすいというメリットもあるのです。

 

また、大手企業による不動産会社は、母体が建築関係である場合も少なくありません。そのため、新居購入を前提に売却を検討される方なら、住み替えに特化した独自のサービス、サポートプランを整えているということもあります。こうしたプランを受けたい、という人にとっては非常にメリットとなるでしょう。

 

~大手企業タイプの不動産会社を選ぶメリット まとめ~

  • 顧客情報が豊富
  • 幅広い販売・営業活動が期待できる
  • 店舗間ネットワークによる情報収集力が強い
  • 住み替えなどに対応した独自のサービス、サポートプランがある

 

②中小企業タイプの不動産会社を選ぶメリット

地元でも古くから続く不動産会社は、どこの町にも結構あるものですよね。大手に比べ、ややこじんまりとしたイメージもある不動産会社といった感じですが、地元の不動産会社を選ぶメリットももちろん存在します。

 

その大きなメリットの1つが、地元を把握しているという点です。自分もその地に住み、地元の人間として多くの人に接しているからこそわかることはたくさんあるものです。

 

地元の不動産会社は普段の生活の中からも、常に情報収集を行っているので地元の不動産情報の収集力に長けているのです。しかも、古くから続く不動産会社である場合、昔からの付き合いというものも存在します。

 

例えば、地元のスーパーが新しい店舗をオープンさせたいので土地を探しているとか、近所の息子さんが一人暮らし用の不動産を探しているとか、小さな情報をたくさん知っているということは、地元の不動産会社の強みでもあります。

 

また、地元の不動産会社は信用あってこその商売です。そのため、親身に対応してくれたり交渉がしやすいといったメリットもあります。

 

例えば、売却を検討していたけれど、今後のことを考えれば賃貸に回したほうがいいだとか建物は壊して土地だけで売ったほうがいいといったような、不動産会社ならではの情報を教えてくれるところもたくさんあります。
また、マニュアルよりも臨機応変に定評のある不動産会社ならば、仲介手数料の値引き交渉や支払い時期の交渉などにも応じてくれやすいといったメリットもありますね。

 

ちなみに、大手不動産会社の強みの1つである広告宣伝力についてですが、実は地元の不動産会社でも全国レベルの周知をすることは可能です。その代表的なものが、レインズです。

 

不動産流通標準情報システム、通称レインズは、不動産流通機構が運営する不動産情報ネットワークのことです。レインズでは、不動産情報を掲載、閲覧することができたり、過去の取引情報や市況動向などを閲覧することが可能です。

 

~中小企業タイプの不動産会社を選ぶメリット まとめ~

  • 地元に特化している
  • 不動産情報を常に収集している
  • 優良顧客を抱えている
  • レインズに登録してもらえば全国レベルの周知も可能

 

 

大切なのは不動産会社の大きさではない

さて、ここまで大手と中小、双方のメリットについてご紹介してきました。しかし、正直これだけではどちらを選べばいいのかの参考にはなりませんよね。

 

不動産会社を選ぶ際の決定打となること言うとすれば、それは売却したい不動産にどれだけ強みがあるかという点でしょう。例えば、全国を網羅している大手企業による不動産会社でも都市部より遠方の物件となるとやや力が及ばないこともあるため、地元にある不動産会社を選んだほうが賢明です。

 

またその逆に、都市部の地価が高騰している不動産であれば、大手企業情報を豊富に持った大手企業に依頼するほうがずっと利益を重視することができそうですよね。つまり、大切なのは自分の所有不動産にいかにつよい不動産会社を選ぶかどうかということです。

 

確かに、大々的な宣伝活動が見込める大手企業による不動産会社に依頼すれば、すぐに買い手も見つかるのでは?と思われる気持ちもよくわかりますが、すべての購入希望者がその広告を見ているとは限りません。
むしろ、地元不動産会社の強固なネットワークがそれを上回るということも少なくはありません。

 

 

状況に応じた不動産会社選びの例

ではここで、どういった場合はどの不動産会社を選ぶのが賢明なのか、その例を1つずつ紹介していきましょう。

状況に応じた不動産会社選びの例

①都市部の物件を早く売りたいとき

交通整備も行き届いた都市部の物件を早く売りたいのであれば、やはり広告宣伝に定評のある大手企業を選ぶべきです。顧客情報の中から、購入希望者をすぐにマッチングしてくれるでしょう。

 

ただし、売却時間の短縮にばかり目をやりすぎると、肝心の売却額が疎かになることもあります。売りたいがために、安く売価を設定することで買い手はすぐに見つかりますが利益は減ってしまうことをきちんと考慮しておきましょう。

 

②納得の金額で売却をしたい場合

売却額は自分が納得した価格でないと応じたくないという場合には、地元の不動産会社を選ぶのがおすすめです。大手企業は傾向として早く物件を売り、契約を成立させたいと思うものです。

 

しかし、地元の不動産会社はそういった点も考慮してくれることも多いため、長期の宣伝活動期間にも対応してくれる可能性が非常に高いです。ちなみに、価格にばかり目をやりすぎると売れ残ってしまうということも懸念されます。売却額は査定額を元にした、適正な価格で設定するように心がけましょう。

 

③これから街づくりが行われる地域にある場合

これから街づくりが行われるということは、人口も増えることが見込めるということです。つまり、買い手の候補も多くなるといったことが期待できます。

 

特に、街づくりとなると一般個人ももちろんですが、大手企業や地元企業などが土地を求めて集まる可能性があります。そのため、大手企業情報を豊富に持っている大手企業による不動産会社を選ぶのが賢明だと言えるでしょう。

 

 

まとめ

不動産会社選びは、あなたの売却活動のカギとなります。知名度の高い大手だからという理由で選ぶのではなく、いかに自分の所有不動産に強みを持った不動産会社であるかを考えて仲介してもらいましょう。

 

大手と中小地元密着型のバランスの取れた不動産一括査定サイトを紹介します。