さいたま市 土地活用

さいたま市で人気の土地活用13選
さいたま市で土地活用をお考えの方に向けて土地活用の利用するメリット、種類、選ぶべきポイントを紹介します。

 

 

土地活用のメリット

土地活用のメリットは収益対策と相続対策が挙げられます。空き地も資産と言われていますが毎年、維持費や税金がかかるだけで空き地からは1円も利益を見出してくれません。この遊休土地(空き地)を土地活用する事により、税金や維持費を賄える事が可能となります。さらに初期投資をかけてリスクをとればそれなりに大きな収益を得ることができます。土地活用は様々な種類がありリスクとリターン、維持管理の有無などしっかり選べば、不労所得で大きく収益を上げることも可能です。

 

 

さいたま市で人気の土地活用13選を紹介

20年前土地活用と言えば不動産投資に代表されるアパート経営や賃貸経営そして駐車場経営などが王道でした。その時代は日本の人口が右肩上がりで需要が後押しをしてたのも背景にあると思います。現在の土地活用はアパート経営や駐車場経営以外にも様々なタイプのものがあります。ここではさいたま市で人気の土地活用を13種類紹介します。

 

さいたま市土地活用賃貸アパート・マンション経営
リスクは高いですけど最も多くの収益を得られる土地活用方法の1つです。駅から徒歩5分以内にまとまった土地を持っている方でしたら検討してみる価値は大いにあります。

 

さいたま市土地活用商業施設
さいたま市でも17号や16号など大きな幹線道路沿いや駅前などに歳をお持ちの方でしたら商業施設経営も狙い目です。

 

さいたま市土地活用高齢者住宅
エリアを問わず収益を出すことが可能な土地活用方法です。今後迎える超高齢社会に対応する建物により地域貢献できる土地活用になります。さいたま市でも需要が望める土地活用方法です。

 

さいたま市土地活用土地を貸す
土地の立地特性を活かし、倉庫、店舗、工場等、様々な建物による土地活用です。ただし用途地域の確認が必要です。

 

土地活用戸建賃貸経営
変形地・狭小地でも少ない投資額で賃貸経営を実現できる、需要がとても高い土地活用です。さいたま市の郊外でも収益が見込めます。

 

さいたま市土地活用駐車場 (月極駐車場)
大きなマンションや団地の近くが狙い目です。初期費用もほとんどかからず早期撤退も可能なので手軽に土地活用が始められます。

 

さいたま市土地活用コインパーキング(時間貸し駐車場)
車数台分の小さなスペースでも駅近くなら十分分収益あげられます。浦和駅、大宮駅など大きなエリアですとそれなりに需要があります。

 

さいたま市土地活用コインランドリー
しっかり調査をすれば収益が見込めるか見込めないかわかるので事前調査がとても大事です。さいたま市でもまだまだ収益が挙げられる可能性を秘めた土地活用方法です。

 


建物が立てづらい市街化調整区域でも設置が可能なため農地転用で太陽光発電している方が増加中です。

 

土地活用トランクルーム
近年流行しているのがトランクルームです。初期費用もそれほどかからず比較的手軽に始めることが可能です。さいたま市でもトランクルーム経営が増えてきてます。

 

さいたま市土地活用自動販売機
大きな土地でなくても自動販売機が置けるスペースがあれば土地活用できます。自分が持ってるお店の前スペースがあればちょっとしたお小遣い稼ぎが可能です。
さいたま市土地活用貸し農園
貸し農園は桜区、中央区、南区、緑区、岩槻区に35か所あります。さいたま市でも貸し農園は人気で抽選で3倍もあります。

 

さいたま市土地活用資材置き場
土地の立地を選ばないため不便な場所でも初期費用がほとんどかからず土地活用が可能となります。

 

 

土地活用法を選ぶ基準を紹介します!

 

土地活用と一言で言っても基準がないとどれを選んでいいのかわからないですよね。しっかりとした土地活用方法を選ぶ明確な基準を持って選ぶのが土地活用法で大切なことです。ここでは以下の6つの基準を紹介します。

 

  • 収益性
  • 費用や予算
  • 税制優遇
  • リスク
  • 転用性
  • 土地面積

 

 

さいたま市土地活用収益

 

さいたま市土地活用初期費用

 

さいたま市土地活用税制優遇

 

さいたま市土地活用リスク

 

さいたま市土地活用転用性

 

さいたま市土地活用立地面積形状

 

 

 

 

さいたま市で土地活用はどうなの?

さいたま市はかつて浦和市、大宮市、与野市、岩槻市が合併してできた人口130人の政令指定都市です。埼玉県の県庁所在地として県の中心的な役割を果たしてます。

 

人口がとても多く東京にも近いためベッドタウンとしても顔も持ち、住む、働く、遊ぶ、食べる、買い物等全てにおいて需要のある街で土地があるなら土地活用の需要も高いエリアです。

 

さいたま市は東京への便も良いので駅から近いエリアはまだまだ賃貸経営で収益を出せるでしょう。しかしさいたま市も2020年を境に人口が減少していく予測が出ています。以前の人口が右肩上がりの時と比較して賃貸経営もしっかりと戦略を立て必要があります。

 

さいたま市人口推移

 

また空き家数も増加傾向なので他の物件との差別化を出すなど+ αの魅力があるといいです。

 

さいたま市でも都心近いエリアならアパート経営もまだいけると思います。しかし郊外になればアパート経営より一戸建ての賃貸の方が需要があります。またはこの先の将来を見据えて老人向け住宅経営なども選択肢の1つだと思います。

 

さいたま市と一言で言ってもその面積はとても広く少し郊外に行けば田んぼや畑などの丘陵地帯も多いです。土地活用はアパートやマンション型などの賃貸経営以外にもその地域に適した土地活用を選べば、収益を上げることが可能です。例えば幹線道路の商業施設経営、資材置き場、太陽光発電などです。

 

 

 

まとめ

さいたま市で土地活用まとめ

さいたま市に特化して土地活用の情報を紹介してきました。空き地を放置しているのならば少しでも収益になる土地活用はとても有効な手段です。選べる土地活用の種類も現在では豊富にありローリスクローリターン、ハイリスクハイリターンの土地活用方法がいろいろあり選べます。しかし事前にしっかりと長期的プランで戦略を立てることが大前提。そのためには信頼のおける専門家のアドバイスが不可欠です。

 

最適な土地活用業者を探す方法は複数の不動産会社に見積書を出して徹底的に会社を比較することです。会社によって同じ建物でも初期投資費用が数百万円変わることも普通にあります。そこでお勧めしたいのがタウンライフという一括で複数社の見積もりを依頼できるサービスです。タウンライフで紹介される会社はどれも土地活用の実績のある信頼のおける会社のみです。完全無料で利用できますのでますがこちらをチェックしてみて下さい。

 

▼コチラをチェック▼

土地活用

完全無料で利用できる♪

 

さいたま市で家を売る トップページ